最後に編集されたのは 管理者
19.11.2020 | 歴史

柔訳 釈尊の教え 第2巻

  • 94 読みたい
  • 65 現在読んでいるもの

発行元 伊勢白山道 .

    Download 柔訳 釈尊の教え 第2巻 本 Epub や Pdf 無料, 柔訳 釈尊の教え 第2巻, オンラインで書籍をダウンロードする 柔訳 釈尊の教え 第2巻 無料で, 本の無料読書 柔訳 釈尊の教え 第2巻オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 柔訳 釈尊の教え 第2巻 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  伊勢白山道
    • シリーズ名:  柔訳 釈尊の教え
    • 発売日:  2019年07月26日
    • 出版社:  電波社
    • 商品番号:  4920238000104
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    おわりに より

    釈尊が、家族も王の跡継ぎの地位も、王宮での暮らしも国も捨てて、出家をしたことは有名です。

    原始仏典『スッタニパータ』を読んでいますと、このような家族との縁を捨てた悲しい経験も、釈尊が、

    ・家族を亡くした人々

    ・生まれながら家族を知らない人たち

    ・地位を失くした人々

    ・自国を失った人々

    の気持ちを理解するために必要だったことがわかります。

    釈尊は頂点の暮らしを知りながら、自(みずか)らの意思で糞掃衣(ふんぞうえ)を着る最底辺の出家生活をされたわけです。

    両極端の生活を経験されたことが、大いなる心の肥やしとなったことでしょう。この経験が、釈尊の視野を広げてコノ世の実相を見させ、本当に大切なものは何か? を教えて、悟りに影響したことを感じます。

    私たちの人生にも、良い時もあれば、悪い時もあります。この喜怒哀楽の落差は、私たちに大切なことに気づかせるために「起こってくれている」とも言えそうです。

    *悪いことは、私たちにコノ世への「未練」を断ち切るために起こってくれている。

    *嬉しい出来事は、私たちにコノ世への「感謝」を教えるために起こってくれる。

    この交互の繰り返しが、人間には結局、心の平安がもっとも大切であることを教えてくれているようです。

    釈尊の御言葉には、二十一世紀を生きる私たちの生活にも役立つ知恵があります。非常に具体的で実践的な示唆(しさ)に満ちています。

    この第二巻を訳していましても、その内容が今の社会常識にも合う、ビジネス書のようであり、道徳の教科書のようでもあり、心理学の本のようでもありました。

    内容に古さを感じさせないことに、この仏典が真理に沿ったものであることが良くわかります。本当に大切な内容は、時代を経ても不滅なのです。

    釈尊の御言葉は、現代にも生きている。まさに、これを証明する本だと思います。何回も読んでいただけますと、わかっていただけることでしょう。

    平成から令和へ向かう時に 伊勢白山道

あなたも好きかもしれません

柔訳 釈尊の教え 第2巻 by 伊勢白山道 ダウンロード PDF EPUB F2