最後に編集されたのは 管理者
21.11.2020 | 歴史

二〇二五年、日中企業格差 日本は中国の下請けになるか? (PHP新書)

  • 63 読みたい
  • 49 現在読んでいるもの

発行元 西村友作 .

    Download 二〇二五年、日中企業格差 日本は中国の下請けになるか? (PHP新書) 本 Epub や Pdf 無料, 二〇二五年、日中企業格差 日本は中国の下請けになるか? (PHP新書), オンラインで書籍をダウンロードする 二〇二五年、日中企業格差 日本は中国の下請けになるか? (PHP新書) 無料で, 本の無料読書 二〇二五年、日中企業格差 日本は中国の下請けになるか? (PHP新書)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 二〇二五年、日中企業格差 日本は中国の下請けになるか? (PHP新書) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  近藤大介
    • レーベル:  PHP新書
    • 発売日:  2018年10月05日
    • 出版社:  PHP研究所
    • 商品番号:  4430000009206
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    習近平政権の「中国製造2025」が世界市場を席巻し始めている。「2025年までに中国が世界NO.1の製造強国になる」計画だ。着々と進行するこの計画が実現されれば、大きな構造変革が日本にもたらされる。巨大資本の中国企業が最終製品やサービスを作って世界へ輸出し、日本はそこに部品を提供する存在になる。いわば「日本企業の中国下請け化」現象が起きるのだ。さらに、米国とのAI覇権戦争も止まらない。「AI社会主義」とも言うべき国策をエンジンに疾走を続けるアリババ、テンセント、ファーウェイ等のメガ企業。これら紅船(あかぶね)の襲来に日本はどう備え、打ち勝つべきか。本書では、いまや逆転しつつある日中の産業構造の変化を分析。さらにIoT、キャッシュレスなどのIT化が進展する中国の最前線を現場からレポートする。気鋭のジャーナリストが綴る、日中の未来予測と最新分析に刮目せよ。 【PHP研究所】

あなたも好きかもしれません

二〇二五年、日中企業格差 日本は中国の下請けになるか? (PHP新書) by 西村友作 ダウンロード PDF EPUB F2