最後に編集されたのは 管理者
14.11.2020 | 歴史

Docker実戦活用ガイド

  • 59 読みたい
  • 6 現在読んでいるもの

発行元 青山尚暉 .

    Download Docker実戦活用ガイド 本 Epub や Pdf 無料, Docker実戦活用ガイド, オンラインで書籍をダウンロードする Docker実戦活用ガイド 無料で, 本の無料読書 Docker実戦活用ガイドオンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 Docker実戦活用ガイド 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  吉岡 恒夫
    • 発売日:  2016年07月13日
    • 出版社:  マイナビ出版
    • 商品番号:  5700000001865
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    **※この商品は固定レイアウト型の電子書籍です。


    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。


    ※お使いの端末で無料サンプルをお試しいただいた上でのご購入をお願いいたします。**


    月間200万コンテナを実現!開発現場のDocker活用テクニック


    Dockerは必要十分な機能が凝縮されたコンテナ環境で、しっかりとしてわかりやすい概念・アーキテクチャの上にシンプルで使いやすくまとまっています。全体がアプリケーション指向で統一されており、かといって使い方を強制するわけでもありません。個々の機能は独立しており、必要に応じて自由に組み合わせて利用できます。この自由度が、Dockerと連携するツールのエコシステムが生み、またその中でのベストプラクティスをDocker自身が取り込むことでも発展しています。


    本書では、筆者がDockerを利用して開発するなかで得た経験を元に解説を行います。新しい技術を習得するには、実際に手を動かし試してみることが一番です。Docker自身もそのような試行錯誤を簡単に行うためにも使えるツールです。そのため、なるべく実際の利用例を挙げ、試しながら学べるようパソコン(Windows, Mac)での利用も想定しています。Dockerの利用目的としては、一般的にアプリケーションのデプロイなどがあげられますが、自由度が高いDockerには様々な可能性があります。 Dockerの概念・動作・利用方法を理解して自由に使え、さまざまな用途で応用できるようになることが本書の目的です。

あなたも好きかもしれません

Docker実戦活用ガイド by 青山尚暉 ダウンロード PDF EPUB F2