最後に編集されたのは 管理者
16.11.2020 | 歴史

死体は誰のものか ──比較文化史の視点から (ちくま新書)

  • 71 読みたい
  • 97 現在読んでいるもの

発行元 鈴木宏昭 .

    Download 死体は誰のものか ──比較文化史の視点から (ちくま新書) 本 Epub や Pdf 無料, 死体は誰のものか ──比較文化史の視点から (ちくま新書), オンラインで書籍をダウンロードする 死体は誰のものか ──比較文化史の視点から (ちくま新書) 無料で, 本の無料読書 死体は誰のものか ──比較文化史の視点から (ちくま新書)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 死体は誰のものか ──比較文化史の視点から (ちくま新書) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  上田信
    • レーベル:  ちくま新書
    • 発売日:  2019年05月24日
    • 出版社:  筑摩書房
    • 商品番号:  5591222981110
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    死体を忌み嫌い、人の目に触れないようにする現代日本の文化は果たして普遍的なものなのだろうか。中国での死体を使った民衆の抵抗運動、白骨化できない死体「キョンシー」、チベットの「鳥葬」や悪魔祓い、ユダヤ・キリスト教の「復活」「最後の審判」、日本の古典落語に登場する死体、臓器移植をめぐる裁判。様々な時代、地域の例を取り上げ、私たちの死体観を相対化し、来るべき多死社会に向けて、死体といかに向き合うべきかを問い直す。

あなたも好きかもしれません

死体は誰のものか ──比較文化史の視点から (ちくま新書) by 鈴木宏昭 ダウンロード PDF EPUB F2