最後に編集されたのは 管理者
16.11.2020 | 歴史

鹿男あをによし (幻冬舎文庫)

  • 79 読みたい
  • 51 現在読んでいるもの

発行元 森見登美彦 .

    Download 鹿男あをによし (幻冬舎文庫) 本 Epub や Pdf 無料, 鹿男あをによし (幻冬舎文庫), オンラインで書籍をダウンロードする 鹿男あをによし (幻冬舎文庫) 無料で, 本の無料読書 鹿男あをによし (幻冬舎文庫)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 鹿男あをによし (幻冬舎文庫) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  万城目学
    • レーベル:  幻冬舎文庫
    • 発売日:  2011年07月15日
    • 出版社:  幻冬舎
    • 商品番号:  4380000400185
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    テレビドラマ化もされた大ベストセラー、ついに電子化。 大学の研究室を追われた二十八歳の「おれ」。失意の彼は教授の勧めに従って奈良の女子高に赴任する。ほんの気休めのはずだった。英気を養って研究室に戻るはずだった。渋みをきかせた中年男の声が鹿が話しかけてくるまでは。「さあ、神無月だーー出番だよ、先生」。彼に下された謎の指令とは? 古都を舞台に展開する前代未聞の救国ストーリー!

あなたも好きかもしれません

鹿男あをによし (幻冬舎文庫) by 森見登美彦 ダウンロード PDF EPUB F2

私は最初、万城目をマンジョウメと読んでいました(笑。ジャズ・フュージョン系のミュージシャンでマンジョーネって人がいたので、てっきりそれ系のペンネームだと思っていました。(笑
これって数年前にTV化されてますよね、あの脚本書いた人は万城目ワールドを良く理解しているなって、これを読んであらためて感心しました。順番が逆か(笑