最後に編集されたのは 管理者
18.11.2020 | 歴史

武士の娘 (ちくま文庫)

  • 94 読みたい
  • 80 現在読んでいるもの

発行元 プリヤ・パーカー .

    Download 武士の娘 (ちくま文庫) 本 Epub や Pdf 無料, 武士の娘 (ちくま文庫), オンラインで書籍をダウンロードする 武士の娘 (ちくま文庫) 無料で, 本の無料読書 武士の娘 (ちくま文庫)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 武士の娘 (ちくま文庫) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  杉本鉞子, 大岩美代
    • レーベル:  ちくま文庫
    • 発売日:  2016年07月01日
    • 出版社:  筑摩書房
    • 商品番号:  5591210945430
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    杉本鉞子は、1873年、越後長岡藩の家老の家に生れ、武士の娘として厳格に育てられた。結婚によりアメリカに住むようになり、すべてがめずらしく目新しい暮らしの中で「武士の娘」として身につけたものを失うことなく、また自分にとじこもることもなく、みごとに自立した考えを身につける。今日に通じる女性の生き方を見る上にも、当時の風俗や生活のありさまを知るためにも、高い価値をもつ。

あなたも好きかもしれません

武士の娘 (ちくま文庫) by プリヤ・パーカー ダウンロード PDF EPUB F2

山川菊栄のあの有名な『武家の女性』は随分以前読んで、大変に面白かった。幕末の動乱の明治政府軍の専横や、接収される武家屋敷で、普段馬鹿にされていた大人しい女性がむしろしっかりしていて、舐めたようにきれいに髪を結う、随分偉そうにしていた女は、ただおろおろしているばかりだった。というようなくだりが、印象に残っている。この『武士の娘』は、明治になってから生まれた女性の、文明開化の時代に生きた体験が記されている。「ございました」なんていう語尾の文体も物珍しい感じだ。女学校時代に翻訳小説をまわし読みした話。イノック・アーデンの評なども、興味深かった。なにより、彼女は結婚して渡米する経験をしている。苦労したろうが、豊かな人生経験を持つ、近代の女性だったのである。