最後に編集されたのは 管理者
01.12.2020 | 歴史

まともがゆれる ――常識をやめる「スウィング」の実験

  • 47 読みたい
  • 65 現在読んでいるもの

発行元 ハンス・ロスリング .

    Download まともがゆれる ――常識をやめる「スウィング」の実験 本 Epub や Pdf 無料, まともがゆれる ――常識をやめる「スウィング」の実験, オンラインで書籍をダウンロードする まともがゆれる ――常識をやめる「スウィング」の実験 無料で, 本の無料読書 まともがゆれる ――常識をやめる「スウィング」の実験オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 まともがゆれる ――常識をやめる「スウィング」の実験 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  木ノ戸昌幸
    • シリーズ名:  まともがゆれる ーー常識をやめる「スウィング」の実験
    • 発売日:  2019年03月15日
    • 出版社:  朝日出版社
    • 商品番号:  4915958780001
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    弱くていいのだ。ダメでいいのだ。ダメだから人に救われるし、救われたら人を救おうと思うのである。

    こうしてダメがダメを救っていく。世の中を回しているのはお金じゃなくて「ダメさ」「弱さ」であっていいんじゃないか。

    ……寄稿 稲垣えみ子


    「できない」ままで生きてもいい!

    自分の欠点ではなく「世の中が押し付けてくるまともな生きかた」と戦う術。


    親の年金でキャバクラに通い、そのたび落ち込んで引きこもっていた増田さん。

    何をやっても自信が持てない、一応「健常」な施設スタッフ沼田君。

    毎夕、意味不明なワン切りを必ずしてくるひーちゃん。

    「足が腐った」とか「定期をトイレに流した」とか、まばゆいばかりの屁理屈で仕事をサボろうとするQさん……。


    障害福祉NPO法人「スウィング」に集う、障害を持つ人・持たない人たちの「できないこと」にこだわらないエピソードと、心の栓を抜く、脱力しきった詩の数々。


    誰かが決めた「まとも」を見つめ直し、ゆらしたりずらしたりすることで、それぞれの生きづらさを緩めるヒントとなる一冊。

あなたも好きかもしれません

まともがゆれる ーー常識をやめる「スウィング」の実験 by ハンス・ロスリング ダウンロード PDF EPUB F2