最後に編集されたのは 管理者
18.11.2020 | 歴史

浪漫邸へようこそ~花開く日~ (ルルル文庫)

  • 77 読みたい
  • 61 現在読んでいるもの

発行元 深山くのえ .

    Download 浪漫邸へようこそ~花開く日~ (ルルル文庫) 本 Epub や Pdf 無料, 浪漫邸へようこそ~花開く日~ (ルルル文庫), オンラインで書籍をダウンロードする 浪漫邸へようこそ~花開く日~ (ルルル文庫) 無料で, 本の無料読書 浪漫邸へようこそ~花開く日~ (ルルル文庫)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 浪漫邸へようこそ~花開く日~ (ルルル文庫) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  深山くのえ
    • イラスト:  あき
    • レーベル:  ルルル文庫
    • シリーズ名:  浪漫邸へようこそ
    • 発売日:  2015年05月15日
    • 出版社:  小学館
    • 商品番号:  4322808120003
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    貧乏令嬢と帝大生の恋物語、完結編!


    ある事情から、秘密の下宿屋「浪漫邸」を始めることになった貧乏子爵家の令嬢、紗子。下宿人として集まったのは、帝大の医学生・伊織の他、なんとも個性的な人々。

    心優しき人々との同居生活をおくるうち、紗子は、伊織への恋心を自覚する。そしてまた伊織も、身分違いだと諦めようとすればするほど紗子を諦めきれず悩む。

    そんな中、下宿人・時雄の幼なじみ、四郎が転がり込んで来たあげく、紗子を自分の恋人と言い出す。その時、普段穏やかで冷静な伊織の激情がついに溢れ出て…!?

    そしてその夜、伊織の部屋を訪ねた紗子が、伊織に伝えた言葉とは…!?

    甘く切なく焦れったい、大正時代のラブロマンス、ついに完結!


    ※この作品は底本と同じクオリティのイラストが収録されています。

あなたも好きかもしれません

浪漫邸へようこそ~花開く日~ (ルルル文庫) by 深山くのえ ダウンロード PDF EPUB F2

最後スッキリできました!!最後まで2人が可愛くて素直で読みやすかったです