最後に編集されたのは 管理者
21.11.2020 | 歴史

ミッドナイト・バス (文春文庫)

  • 37 読みたい
  • 79 現在読んでいるもの

発行元 池井戸 潤 .

    Download ミッドナイト・バス (文春文庫) 本 Epub や Pdf 無料, ミッドナイト・バス (文春文庫), オンラインで書籍をダウンロードする ミッドナイト・バス (文春文庫) 無料で, 本の無料読書 ミッドナイト・バス (文春文庫)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 ミッドナイト・バス (文春文庫) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  伊吹有喜
    • レーベル:  文春文庫
    • 発売日:  2016年09月23日
    • 出版社:  文藝春秋
    • 商品番号:  4390000003272
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    男が運転する深夜バスに乗車してきたのは、16年前に別れた妻だった。

    壊れた「家族」という時計は再び動き出すのかーー

    家族の再出発を描く感動長篇。

    第151回直木賞候補作!


    故郷に戻り、深夜バスの運転手として働く利一。

    子供たちも独立し、恋人との将来を考え始めた矢先、バスに乗車してきたのは、16年前に別れた妻だった。

    会社を辞めた長男、結婚と仕事の間で揺れる長女。

    人生の岐路で、忘れていた傷と向き合う家族たち。

    バスの乗客の人間模様を絡めながら、家族の再出発を描いた感動長篇。

    解説・吉田伸子

あなたも好きかもしれません

ミッドナイト・バス (文春文庫) by 池井戸 潤 ダウンロード PDF EPUB F2

初めての作家さんだったのですが、読んでよかったです。深夜バスの運転手の利一さん(49才、バツイチ)と家族、元妻、恋人の人間模様。そして、時々入るサイドストーリーもよかったです。利一さんは恋人の志穂さんと別れてしまい、最後は「もう一度、会いに行こう」という状況で小説は終わってしまいました。もちろん余韻を残したこの状態でもいいのですが、個人的にはエピローグで再会まで描いてほしかったです。とても良い本だったので、映像化されることがあると良いなと思いました。
映画化もされているようですし、期待しましたが、ちょっと突拍子もない展開があったりして、なんだか異世界に入り込んだ感じでした。
小説としては読みやすいのですが、主人公の考え方とかにイラっとする場面が多々あり、共感できませんでした。
最後もちょっと中途半端。