最後に編集されたのは 管理者
14.11.2020 | 歴史

恐怖箱 万霊塔 恐怖箱シリーズ (竹書房文庫)

  • 27 読みたい
  • 45 現在読んでいるもの

発行元 戸神重明 .

    Download 恐怖箱 万霊塔 恐怖箱シリーズ (竹書房文庫) 本 Epub や Pdf 無料, 恐怖箱 万霊塔 恐怖箱シリーズ (竹書房文庫), オンラインで書籍をダウンロードする 恐怖箱 万霊塔 恐怖箱シリーズ (竹書房文庫) 無料で, 本の無料読書 恐怖箱 万霊塔 恐怖箱シリーズ (竹書房文庫)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 恐怖箱 万霊塔 恐怖箱シリーズ (竹書房文庫) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  つくね乱蔵
    • レーベル:  竹書房文庫
    • シリーズ名:  恐怖箱シリーズ
    • 発売日:  2018年02月14日
    • 出版社:  竹書房
    • 商品番号:  4914967080001
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    内容紹介

    その「実(はなし)」は毒。

    喰らう覚悟はあるか? 


    情念の指に、雑巾のごとく胸を絞られる快苦。

    骨まで揺さぶる実話怪談!


    生者と死者の情念が絡み合う生々しい怪奇事件、その恐怖の一部始終。祖母の代から伝わる文箱は、恨む相手を念じつつ蓋を開けると憎しみが取り除かれるというが…「覗き箱」、再婚相手の息子に寄り添う前妻の霊、真の母子になりたいと願う後妻は…「それぞれの愛」、壁中に鳥居を打ち付けられた廃屋に足を踏み入れた男たち、やがて恐ろしい一夜が始まる…「鳥居」、住人が次々と体を壊し出て行く新築マンション、その理由は…「虚ろの城」ほか、現実からもぎ取った恐怖の実話45篇を収録。柔く握られ、徐々にきつく…胸を絞られるような読後感がたまらない!


    著者について

    福井県出身。第2回プチぶんPetio賞受賞。実話怪談大会「超ー1/2007年度大会」で才能を見いだされデビュー。内臓を素手で掻き回す如き厭な怪談を書かせたら右に出る者はいない。主な著書に『恐怖箱 絶望怪談』『恐怖箱 厭魂』『恐怖箱 厭鬼』、その他主な共著に『怪談五色』シリーズ、『恐怖箱』トリニティシリーズ、『アドレナリンの夜』三部作など。

あなたも好きかもしれません

恐怖箱 万霊塔 (竹書房文庫) by 戸神重明 ダウンロード PDF EPUB F2