最後に編集されたのは 管理者
23.11.2020 | 歴史

経済学「七つの常識」の化けの皮をはぐ

  • 60 読みたい
  • 69 現在読んでいるもの

発行元 増田悦佐 .

    Download 経済学「七つの常識」の化けの皮をはぐ 本 Epub や Pdf 無料, 経済学「七つの常識」の化けの皮をはぐ, オンラインで書籍をダウンロードする 経済学「七つの常識」の化けの皮をはぐ 無料で, 本の無料読書 経済学「七つの常識」の化けの皮をはぐオンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 経済学「七つの常識」の化けの皮をはぐ 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  増田悦佐
    • 発売日:  2014年04月18日
    • 出版社:  PHP研究所
    • 商品番号:  4430000003114
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    インフレターゲットと円安をお手本にする日本の経済学者は一体、何を考えているのか。自国通貨安とインフレ体質がしみついたイギリスを例にとると、ポンド安で購買力が下がった結果、製造業の対GDPシェアは世界109位まで下がってしまった(2009年)。つまり「円安で輸出企業が儲かる」というのは虚構である。失業率が26%を超えたスペイン(2013年)を見ても、マネーサプライの増加で連邦政府と巨大企業、金融機関だけが潤う「大衆殺し」のアメリカを見ても、日本の模範にならないことは明らかだ。それでも「日本経済をアメリカやヨーロッパのようにしたい」と本気で考える経済学者は「国民をいじめるほど景気が良くなるというサディスト経済学」の信奉者だ、と著者は記す。同様に「おとぎ話経済学」のケインズ政策、「SF経済学」のマネタリズム等々、経済学を断罪。返す刀でこれらの説を妄信する政治家を斬る。ニセ経済学の正体を暴露する書。

あなたも好きかもしれません

経済学「七つの常識」の化けの皮をはぐ アベノミクスで躍り出た魑魅魍魎(ちみもうりょう)たち by 増田悦佐 ダウンロード PDF EPUB F2