最後に編集されたのは 管理者
12.11.2020 | 歴史

GIANT KILLING(35) (モーニングコミックス)

  • 26 読みたい
  • 61 現在読んでいるもの

発行元 ツジトモ .

    Download GIANT KILLING(35) (モーニングコミックス) 本 Epub や Pdf 無料, GIANT KILLING(35) (モーニングコミックス), オンラインで書籍をダウンロードする GIANT KILLING(35) (モーニングコミックス) 無料で, 本の無料読書 GIANT KILLING(35) (モーニングコミックス)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 GIANT KILLING(35) (モーニングコミックス) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  ツジトモ, 綱本将也
    • レーベル:  モーニング
    • シリーズ名:  GIANT KILLING
    • 発売日:  2015年05月15日
    • 出版社:  講談社
    • 商品番号:  4310000021829
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    首位・大阪ガンナーズを相手に1点をリードし、ハーフタイムを迎えたETU。浮き足立つ選手達だったが、ロッカールームでの達海の言葉に選手達の表情は一変するーー。経験に打ち克つには、変化と成長しかない。勝て、そしてフットボーラーとしての未来を拓け! 激闘の後半戦、スタート!!

あなたも好きかもしれません

GIANT KILLING(35) (モーニング) by ツジトモ ダウンロード PDF EPUB F2

集めている漫画のシリーズ。期待を裏切らない面白さでした。
達海の差配が細部まで嵌り、首位大阪を向こうにまわしETUの好展開のなか、ハウアー監督&ダルファー、窪田&椿の思いを描く。この展開ならこの3人が得点にからむよね、やはり。
外野の記者やカメラマン同士のやり取りがゲーム展開や両チームの戦術を”解説”するかたちになる手法もよいし、 選手起用とゲーム展開の緻密な相関性の描き方は実にうまくてどんどん読ませる。
ハーフタイムでの両監督と選手の関係性が好対照。首位にいる強豪と上にのぼろうとしているチームの差か。外人監督と選手の在りようなんて実際こんな感じなのかもしれないのかも。