最後に編集されたのは 管理者
16.11.2020 | 歴史

子供が消えゆく国 (日経プレミアシリーズ)

  • 89 読みたい
  • 61 現在読んでいるもの

発行元 能勢桂介 .

    Download 子供が消えゆく国 (日経プレミアシリーズ) 本 Epub や Pdf 無料, 子供が消えゆく国 (日経プレミアシリーズ), オンラインで書籍をダウンロードする 子供が消えゆく国 (日経プレミアシリーズ) 無料で, 本の無料読書 子供が消えゆく国 (日経プレミアシリーズ)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 子供が消えゆく国 (日経プレミアシリーズ) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  藤波匠
    • レーベル:  日経プレミアシリーズ
    • 発売日:  2020年04月10日
    • 出版社:  日経BP
    • 商品番号:  4660005926423
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    2019年、日本人の出生数が86万人に急減! 予測より2年も早く、90万人の大台を割れ

    人口減はむしろチャンス! 日本の人手不足は、IT活用によりイノベーションを起こす絶好の環境。

    次世代が今より豊かに暮らせる社会を創造する道筋とは?


    「団塊ジュニア」に始まる就職氷河期世代が晩婚となりがちで、子どもを持つことにためらいを生じさせた一因に、彼らの経済問題があったことは言い逃れることのできない事実です。

    団塊ジュニアは、言い換えれば「第2次ベビーブーマー」です。本来であればこの世代も、前世代までと同様に結婚し、子どもをもうけ、1次、2次ほど明確なものではないにしろ、わが国に第3次ベビーブームをもたらしていたかもしれません。私たちの社会は、低成長下、限られたパイの分配を最適化することができず、彼ら世代に社会のひずみを押しつけてしまったのです。


    今後も人口減少は避けられないものの、あまりに急激な出生数の減少を避けるために、国民一人ひとりが生み出す富を拡大しつつ、さらに難題である分配の最適化を図り、生み出した富を若い世代に回していくことが必要です。こうした高いハードルの先にこそ、日本という国の持続可能性が見出せるのではないでしょうか。

    本書では、人口減少を契機として、日本社会が進むべき新たな道程について考えていきたいと思います。 ーー「はじめに」より

あなたも好きかもしれません

子供が消えゆく国 (日経プレミアシリーズ) by 能勢桂介 ダウンロード PDF EPUB F2