最後に編集されたのは 管理者
23.11.2020 | 歴史

外国人記者が見た平成日本 (ワニの本)

  • 47 読みたい
  • 48 現在読んでいるもの

発行元 none .

    Download 外国人記者が見た平成日本 (ワニの本) 本 Epub や Pdf 無料, 外国人記者が見た平成日本 (ワニの本), オンラインで書籍をダウンロードする 外国人記者が見た平成日本 (ワニの本) 無料で, 本の無料読書 外国人記者が見た平成日本 (ワニの本)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 外国人記者が見た平成日本 (ワニの本) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  ヤン・デンマン
    • レーベル:  ワニの本
    • シリーズ名:  外国人記者が見た平成日本
    • 発売日:  2018年09月19日
    • 出版社:  ベストセラーズ
    • 商品番号:  4915507820001
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    『週刊新潮』の名物コラム「東京情報」の直近5年間250回分に渡る連載から、

    評論家呉智英氏が珠玉の連載回を選び抜き、まえがきを執筆。


    (著者プロフィール)

    在日オランダ人特派員。

    詳細は不明だが、氏の「東京情報」は、『週刊新潮』創刊の四年十カ月後、

    昭和三十五年十二月十二日号に第一回が始まり、

    以来、2000回を越えてなお連載中である。思えば足かけ58年。

    「ドイツ人記者の頭はひときわ光り、イギリス人記者はすっかり白髪になって」、

    わがデンマン氏もまた年老いたが、彼は相変らず不死身で、疲れを知らない。

    しかも、最近、若返りのホルモンを打ったという説もあるので、

    彼はさらに若々しくなるのではなかろうか。

    ヤン・デンマン氏は、もちろん在日外人記者である。

    ただし、彼は『週刊新潮』との特約で、

    どうしても本名を名乗らず、また公けに姿を現そうとしない。

    自著の刊行についても編集部任せという無精者。

    ちなみに、週刊新潮によれば「ヤン・デンマン氏はもちろん外国人である。

    日本語は全然できない……しかも種をあかせば、

    彼の脳ミソは複数の人のそれででき上っていて、この連載の間に何度か入れ変った」とある。

    どうやら彼は「複合人物」であるらしい。

あなたも好きかもしれません

外国人記者が見た平成日本 (ワニの本) by none ダウンロード PDF EPUB F2