最後に編集されたのは 管理者
13.11.2020 | 歴史

世界を戦慄させるチャイノベーション

  • 78 読みたい
  • 79 現在読んでいるもの

発行元 夏目英男 .

    Download 世界を戦慄させるチャイノベーション 本 Epub や Pdf 無料, 世界を戦慄させるチャイノベーション, オンラインで書籍をダウンロードする 世界を戦慄させるチャイノベーション 無料で, 本の無料読書 世界を戦慄させるチャイノベーションオンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 世界を戦慄させるチャイノベーション 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 編集:  日経ビジネス
    • 発売日:  2019年10月26日
    • 出版社:  日経BP
    • 商品番号:  4660000275230
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    世界を戦慄させる中国発の技術革新の大波

    BATH(バイドゥ、アリババ、テンセント、ファーウェイ)

    半導体、電池、AI、ドローン・・・

    モノづくりのロードマップ「中国製造2025」

    激化する米中対立の行方は

    豊富な現地取材とデータで「紅い技術大国」を徹底解剖


    中国発の技術革新「チャイノベーション」が世界を震撼させている。


    「BAT」と呼ばれるインターネット検索の百度、ネット通販のアリババ集団、ネットサービスの騰訊控股のIT3巨人は、米国のGAFAに迫る株式時価総額に到達。

    AIを含むソフトウエアの技術力は、世界をリードするようになっている。


    半導体、ディスプレー、電池、ドローンなどのハードウエアでも中国企業の台頭は著しい。

    日本のお家芸ともいえる「モノづくり」でも脅威になっている。


    本書では中国での豊富な現地取材をベースに、

    注目を集める新興テクノロジー企業の素顔と国家戦略に迫る。

    バイドゥ、アリババ、テンセントに、ファーウェイを加えた「BATH」とも呼ばれる4社を豊富なデータも使って詳細に分析。

    さらに動画投稿アプリの「TikTok」や、配車サービス大手の「滴滴出行」、世界初のディスプレーを折りためるスマートフォンを発売した「ロヨル」などのスタートアップも紹介する。


    激化する米中対立の現状と今後については、両国を代表する多数の専門家をインタビュー。

    日本の進むべき道も探る。世界を戦慄させるチャイノベーションの実像に迫る。

あなたも好きかもしれません

世界を戦慄させるチャイノベーション by 夏目英男 ダウンロード PDF EPUB F2